医療従事者向け製品やサービスのOEMはもちろん、一般生活者向けのアプリ、コンテンツ、サービスのご提供を支援致します。

調剤POSシステム

レセコン連動型調剤POSシステム GPOS Just™

「薬事法及び薬剤師法の一部を改正する法律」

完全対応、独自医薬品データベース搭載!

医療用医薬品OTC医薬品併用チェック!

セルフメディケーション税制フラグ標準搭載!

■軽減税率対応製品認定のお知らせ

かかりつけ薬局でレセコン連動実績多数の

GPOSJustは、軽減税率対策補助金の対象

製品です。

GPOSJUstスタンダード構成の場合、最大¥400,000の補助金が交付されます。GPOSjustは調剤レセコン連動製品です。

消費税軽減税率制度(複数税率)への対応が必要となる中小企業・小規模事業者等の方々が、複数税率対応レジの導入や、受発注システムの改修などを行うにあたって、その経費の一部を補助する制度です。

詳しくは、軽減税率対策補助金事務局運営の専用ページ(http://kzt-hojo.jp/)でご確認下さい。

◆軽減税率対策補助金事務局

ナビダイヤル:0570-081-222   IP電話用 :03-6627-1317

ホームページ:http://kzt-hojo.jp

受付時間 9時~17時    (土曜・日曜・祝日を除く)

随時、ご説明を実施しております。

お問い合わせ下さい。

bt_Gpos_faxbt_Gpos_mail

 

 

gpos_just_keigen_u

安全にお客様に薬を提供

「GPOS Just™」には、当社製薬品統合データベースが搭載されており、会計時に、処方薬とOTC医薬品の併用チェックを行い、薬剤情報の提供とともに、安全にお客様に薬を提供することができます。

また、薬剤師・登録販売者にお使いいただく販売者側モニターと、お客様に確認していただく購入者側モニターの2つが連動するデュアルモニター機能を搭載しておりますので、対面販売には欠かせない素早い医薬品情報の取得と、お客様にわかりやすい医薬品情報の提供を並行して行うことができます。

医療用医薬品約20,000品目、OTC医薬品約11,000品目、薬局製剤380品目の情報を参照、併用禁忌、重複投与チェックを行うことができます。(※薬品数は2014年7月時点です。最新の薬品数はお問い合わせ下さい)
また、インターネット接続により、新薬の収載や安全性情報など、最新の情報を取得し、常に最新の状態でお使いいただけます。

「薬事法及び薬剤師法の一部を改正する法律」に準拠

「薬事法及び薬剤師法の一部を改正する法律」施行に伴い、要指導医薬品、第1類医薬品、濫用等のおそれのある医薬品などは、リスク区分等により、薬剤師による情報提供を行う際の確認(聞き取り)、情報提供、指導、購入制限、販売歴の保存が義務となりました。
「GPOS Just™」は「薬事法及び薬剤師法の一部を改正する法律」に準拠した対面販売をサポートいたします。

セルフメディケーション税制フラグ標準搭載!

■2017年1月より施行される「セルフメディケーション税制」に対応しています。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)とはセルフメディケーションの取り組みの一環として平成28年度税制改正にて創設された税制です。
平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができる制度になります。

■本システムでの対応

・本税制対応のフラグデータは弊社より医薬品情報とともに随時配信されます。
・レシートには当該商品を示す★が印字されます。

receipt_sm_v1

機能・特長

1.調剤薬局様向けに作られたPOSレジ

「GPOS Just™」は、調剤レセコンと連動する、調剤に特化した、調剤POSです。もちろん、OTCや日雑品を処理する通常POS機能も持ちあわせています。調剤報酬と物販の管理ができる、調剤薬局専用のPOSです。

2.医療用医薬品とOTCの禁忌や重複チェック

会計時に、処方された医薬品と購入されたOTC医薬品の禁忌、重複チェックを行い、薬剤情報の提供とともに、安全にお客様に薬を提供することができます。

3.「薬事法及び薬剤師法の一部を改正する法律」に準拠した対面販売をサポート

2014年6月12日改正薬事法対応
  • 販売時点で「このお薬は要指導医薬品です」、「このお薬は濫用等のおそれのある医薬品です」などのアラートを画面に表示。
  • 販売時の記録をログとして保存します。(品名・数量・日時・販売者・購入者同意・指導内容)
  • 必要な情報を書面で提供できます。(薬品名称・成分名成分量・用法用量・効能効果・使用上の注意)
  • 濫用等のおそれのある医薬品については画面に販売数制限の警告が表示

4.OTC医薬品の購入歴を調剤の薬歴に保存

5.調剤未収金管理

調剤レセコンと「GPOS Just™」を連動させることで、顧客管理に絡めた未収金、現金の管理が行えます。

6.医薬品情報の多言語化対応

OTC医薬品の情報提供書を英語・中国語で出力可能です。購入者側モニタにも表示可能です。

7.本部システムと連動

調剤レセコンと「GPOS Just™」を連動させ、処方受付データ、POS会計時のOTC、日雑品売上データを本部に送信し、本部での調剤管理、物販管理を行えます。

8.他社レセコンと連動

「GPOS Just™」は、レセコンから標準ファイルNSIPS(エヌシップス)を取り込んで会計する仕組みを備えており、NSIPS(エヌシップス)出力が出来れば、どのレセコンとも連動が行えます。

※1 (弊社レセコン)ご利用の場合、調剤レセコンデスクトップPCに本製品をインストールし、周辺機器を増設することでレセコン+POSの同居が可能です。

9.各種連動

・クラウド型マルチ決済システム(J-Mups)

J-Mupsはクラウド型の決済システムです。インターネット回線を活用してJ-Mupsセンターと通信することで、クレジットカード決済や各種電子マネーの利用が、1台の端末で取扱可能になります。

J-Mupsのサービス概要はこちら

・自動釣銭機

自動釣銭機との連動も可能です。お問い合わせ下さい。

本部機能

「GPOS Just™」と本部を連携する事で各店舗の販売情報・未収金情報を導入企業様本部で一括管理する事が出来ます。
また、企業様導入済みの基幹システムへのデータ連携・ポイントサーバへのデータ連携のご要望ご相談頂けます。

本部機能イメージ

本部機能イメージ

現在ご使用の調剤レセコンと連携可能!

レセコンで入力される処方会計情報を共有することで「GPOS Just™」で処方会計ができます。

処方会計の連携イメージ

処方会計の連携イメージ

処方会計の連携イメージ(新規処方受付から会計まで)

処方会計の連携イメージ(新規処方受付から会計まで)

カスタマーサポートセンター TEL 0120-39-0271 受付時間 9:00 - 17:30 (土・日・祝日除く)
オンラインサポートはこちら

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © ZOO CORPORATION All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.